SNS

 誰しもがSNSをやり、自分の私生活や自分の身の回りのことをやんわりと馬鹿みたいにに発信している。

 馬鹿みたい。あたしはそうゆうの一切やっていない。だって馬鹿みたいだから。

 Twitterなどは観覧しているが、

わ、後、充電2%しかない

 とか、やってる人がいて思わずドン引き。笑える。

 そんなあたしは冷め切っているのだろうか。

 死にたいって思っていてもなかなかしぶとく死なず、孤独を埋める相手は家庭があり、仕事へ行き、誰もいない部屋に帰ってきてコンビニ弁当と発泡酒を飲みそんなくだらない毎日がいつまで続くのか不安で仕方ない。

 梅雨の時期は現場監督の彼は非常に頭が痛いとつぶやいていた。

 あたしだけのものにしたいとかそんなのどうでもいい。このさい。

 とにかく雨が降ればきっとまた会えるからあたしは梅雨が好き。

不倫

 不倫は麻薬のようになかなかやめられない。

愚痴と精子だけを残してぬくぬくとした家庭に帰ってゆく男。

 それでも好きだから抱かれるとそんなことどうでも良くなる。

 憎むより愛してしまっている。愛した方が負け。

 バカだなってわかっている。

 5年も奥さんを騙し子どもさんも騙してあたしはいったいどうしないのだろう。

 

 もう、あわない。終わりにしたい。

 

 たったこれだけのことがどうして声にできないのだろう。

 独身のまま40歳になってしまった。

 死にたいのに死ねないのではなく、死ぬ勇気も生きる勇気も別れる勇気もなにもなく空虚なあたしはいつまでもどこかにたゆたう。

終活 2

 自殺はなにがいいのだろう。

とにかく楽に死にたい。苦しまなくて死んだことも気がつかないくらい。自殺マニュアルを読み漁ってみるけれど、首吊りが多い。首吊りをするくらいなら、首を絞められて死にたい。

命を絶つことを考えてからなにもかもが無気力で世間がピンク色の今、全て灰色にしか見えない。

 

終活

 全てを失い死にたいと思い、1年かけて近辺整理をし、自分で死ぬ日にちを決め、死ぬつもりでいる。

 

 いつかは死ぬ。綺麗なうちに死にたい。

 ものを捨てたり、いざやることたくさんあるな。

現場が近いと本当にまずい。

朝また監督のところに行ってしまった。

やれやれ顔だった。

仕事で疲れているのに。わかっているのに。

 

利己的な判断に監督は嫌気がさしている。

現場のこときかないでおけば良かった。

しばらくは行かないように、しないと。

 

普通の恋愛がしたい。

逢いたくて

 仕事をしていても、逢いたくて逢いたくてパソコンの文字がぼやけて見える。なんとかパートが終わり、監督の見ている現場に行ったら、車があり、現場事務所に監督がいた。

『めちゃ忙しい』

 確かに忙しいそうだった。監督は今ファミリーマートを3つも見ている。

 しかし、仕事をしている男ってどうしてこんなにもカッコよくみえるのだろう。

今にも抱きつきたい衝動に駆られるも、

『ごめん、今から人くるから、』

 あたしはごめんね。と、言ってから、急いで現場事務所をあとにした。

 

 顔が見れて良かった。それだけでも満足してしまうあたしはかなり重症だが、忙しい監督が好きなので、やっぱり電話、待つしかない。

好きになったほうが負け。けれど、負けてもいい。嫌われるよりは。

あたしは、じっと待つしかない。

逢えないほうが辛いから。